Fund Search

ファンド運営会社を探す

Bankers

Bankers(バンカーズ)は株式会社バンカーズが運営する貸付型クラウドファンディングサービスです。

Bankersは事業者への事業会社貸付を行う他、商業手形の割引を行い、利息収入を投資家に分配する形となります。

専門性の高い会社で豊富な金融ノウハウを基に案件を組成するということで、まだ参入から日が浅いですが今後の案件組成が楽しみなサービスです。

LENDEX

LENDEX(レンデックス)は1年以内の短期でかつ投資利回りも年利7%超案件も多い、短期で高利回りの案件を中心に募集する株式会社LENDEXの運営する貸付型クラウドファンディングサービスです。

LENDEXは案件の組成に際して運用期間の短さと高利回りを両立させたい投資家を意識して組成されているのもあり、短い期間ででも余裕資金を運用して資金を増やしていきたい意向のある投資家にお勧めのサービスです。

maneo

maneo(マネオ)はmaneoマーケット株式会社によって運営されているソーシャルレンディングプラットフォームです。

maneoは日本初のソーシャルレンディングサービスで、投資型クラウドファンディング業界の先駆けの存在でした。

maneoの特徴としては、資金需要者をmaneoプラットフォームに集め、maneoに登録している投資家をそれぞれの資金需要者のプラットフォームに誘導して各資金需要者がそれぞれのプラットフォームで実質的に資金を募れるような状態を作っていたところです。

結果として、各資金需要者となっていた事業者が募った資金を事業以外のことに流用していた実態が発覚するなどして金融庁より行政処分を受け、現在は新規案件の募集が停止している状態です。

SBIソーシャルレンディング

SBIソーシャルレンディングはSBIグループのSBIソーシャルレンディング株式会社が運営する貸付型クラウドファンディング/ソーシャルレンディングのサービスです。

総合金融グループであるSBIグループの運営しているソーシャルレンディングサービスでサービスとしての運営歴も長く、信用のおけるサービスの一つとなっています。

現在は不動産担保ローン案件の募集が継続的に行われているため、安定して不動産担保ローン案件で運用していきたい投資家にお勧めお勧めのサービスとなっております。

Crowd Bank

クラウドバンク(Crowd Bank)は「待つだけ投資」というコンセプトのもと、日本クラウド証券株式会社が運営している貸付型クラウドファンディング・ソーシャルレンディングのサービスです。

クラウドバンクでは太陽光発電・中小企業への貸付、米ドル建てでの米国不動産といった様々な案件に対する貸付を基にファンドを組成しており、豊富な募集案件が豊富なのが特徴です。

実績平均利回りも7%程度となっており安定して高く、継続的にソーシャルレンディングで資産運用を続けていきたい投資家にお勧めのサービスとなっております。

OwnersBook

OwnersBook(オーナーズブック)はゴールドマン・サックス・リアルティ・ジャパンを初めとした金融業界出身の経営陣が立ち上げた金融×不動産ベンチャーのロードスターキャピタル株式会社によって運営されています。所謂ソーシャルレンディングサービスの中でも歴史の長いサービスで、こんにちまで不動産クラウドファンディング業界をリードしてきました。

不動産に特化した貸付型クラウドファンディングで、主に不動産事業者が不動産を取得する際の資金を提供し、その貸付からの利息を投資家に分配しています。

運営のロードスターキャピタル株式会社は東証マザーズ上場でガバナンスもしっかりしていることから、不動産向けのソーシャルレンディングを中心に投資を検討したい投資家には安定して案件募集もあり、実績豊富なOwnersBookがお勧めです。

FUELオンラインファンド

FUELオンラインファンドは金融のプロが厳選する企業への貸付を通じてかんたんに資産運用を行っていくことの出来るFUEL株式会社が運営する貸付型クラウドファンディングサービスです。

FUEL株式会社は東証一部上場の株式会社シーアールイーが運用する物流不動産施設向けの貸付に対して出資することの出来る貸付型クラウドファンディングサービスのCRE Fundingも運営していますが、それとは別に運営されているのがFUELオンラインファンドです。

FUELオンラインファンドはソーシャルレンディングではありますが、貸付先の企業名を開示する形で募集しており、透明性の高いサービスを重視したい投資家に非常にお勧めなサービスとなっております。

COOL

アジアビジネスに特化したソーシャルレンディングサービスであるCOOL(クール)は株式会社COOLによって運営されている貸付型クラウドファンディングサービスです。

プラットフォームを運営している株式会社COOLとアジアビジネス向けの貸付を行う貸金業者である株式会社COOL SERVICESは、2019年10月に、東証マザーズ上場で資産運用に関する総合プラットフォームを運営する株式会社ZUUのグループ会社となりました。

ZUU onlineは月間訪問者数が450万人という非常に読者の多いメディアでメディアによる情報発信力とファンドの組成能力のシナジーが見込まれるサービスであり、今後より案件の組成の方にも注力していく期待の高いサービスです。

SAMURAI FUND

SAMURAI FUND(サムライファンド)はJASDAQ上場のNEXUS BANKグループのSAMURAI証券株式会社によって運営されている貸付型クラウドファンディングサービスです。

一般的にはソーシャルレンディングとも呼ばれる貸付型クラウドファンディングは第二種金融商品取引業者によって運営されていますが、第一種金融商品取引業者である証券会社によって運営されているため、事業者の財務状況やコンプライアンス体制などは二種業者によるサービスよりも厳しく管理されています。

また、運営会社が上場企業グループの100%子会社ということで、上場企業としての東証や監査法人からの審査や監査も定期的に受けているため、ソーシャルレンディングによるトラブルなどが心配で安定性やガバナンス体制を重視したい投資家にお勧めのサービスとなっております。

CRE Funding

CRE Fundingは東証一部上場の株式会社シーアールイーが運用する物流不動産施設向けの貸付に対して出資することの出来る貸付型クラウドファンディングサービスです。

所謂ソーシャルレンディングとも呼ばれるサービスで、貸付型クラウドファンディングのサービスの運営元はFUEL株式会社となっております。

貸付先が東証一部上場の物流施設に限定されており資金使途が明確でかつ貸付先の財務状況や運営状態も上場している会社であることからトラックしやすいので、物流施設に少しでも興味を持てたり、資金使途が明確なほうが投資判断がしやすい投資家の方には非常にお勧めなサービスとなっております。